今年の流行語大賞にすぎちゃん

 今年の世相を反映し、話題になった言葉に贈られる「2012ユーキャン新語・流行語大賞」が3日発表されました。

 年間大賞となったのは、お笑いタレントのスギちゃん(39)の決めぜりふ「ワイルドだろぉ」。ほかにトップテン入りしたのは、ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった山中伸弥・京都大教授(50)が作製した「iPS細胞」、ロンドンオリンピック競泳男子400メートルメドレーリレーで銀メダルに輝いたメンバーが、北島康介選手(30)に向けて話し合っていた言葉「(康介さんを)手ぶらで帰らせるわけにはいかない」、そして東京スカイツリーに隣接する商業施設「東京ソラマチ」などでした。

 過去にもお笑いタレントが受賞したことがあります。例えばダンディ板野の「ゲッツ」など。ところが、何故か流行語大賞を受賞した芸人は、ことごとく翌年にはすっかり姿を消してしまっており、流行語大賞をとると消えるという忌まわしいジンクスもあるほど。すぎちゃんはこの忌まわしいジンクスを破ることが出来るか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です