吉田選手の写真を選挙チラシに無断掲載

 25日投開票が行われた鹿児島市長選に無所属で立候補し落選した渡辺信一郎氏(55)の後援会が、市長選告示前、国民栄誉賞を受賞した女子レスリング・吉田沙保里選手(30)の写真を無断掲載した広報チラシ約5000枚を配布していたことがわかりました。

 チラシは両面カラーのB4判で、「私たちは渡辺信一郎氏を応援しています!」という文字の下に、吉田選手と渡辺氏が並んだ写真のほか、国会議員や市議ら20人の顔写真と激励メッセージを掲載したものです。
 問題の写真は11月2日に吉田選手が同市の病院を訪問し、記念撮影に応じた時のものだということです。吉田選手は約500人と次々に写真を撮った際、渡辺氏とも一緒に納まりましたが、吉田選手側には選挙チラシに使うことは伝えていなませんでした。

 渡辺氏は「騒ぎ立てるような話ではない」と話しているそうですが、それを決めるのは本人ではないでしょう。これは常識で判断できる範囲のことであり、非常に悪質だと思います。ちなみに渡辺氏は今月の衆院選にも鹿児島1区に日本未来の党から立候補し、落選しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です