文通費を海外投資に流用

 民主党の前参院議員で総務副大臣を努めた内藤正光(48)が、国会議員に年間1200万円支給される「文書通信交通滞在費(文通費)」を海外投資に流用していたそうです。

 関係者によると、内藤氏は1998年7月の初当選後に海外投資を行っており、金融機関が税務署に提出する「国外送金等調書」などから、2009年までの7年間に1億円以上を送金していたことが東京国税局の税務調査で判明したと言う事です。

 文通費は使途が限定されているものの、報告や公開の義務がなく、国会議員の「第2の給与」とも言われて問題視されていましたが、まさか投資へ流用していたとは。言うまでもありませんが、議員へ支給される金銭は全て国民の税金です。それを、報告の義務がないのを良いことに私腹を肥やすために使うとは、あきれて物が言えません。しかも総務副大臣まで務めた人物が。

  内藤正光は第18回参議院議員通常選挙に民主党の比例代表候補として出馬して初当選を果たし、2009年には鳩山由紀夫内閣にて総務副大臣に就任。NTT労働組合組織内国会議員でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です