復帰の安藤を視察へ

 日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長は19日、ソチ・オリンピックのシーズンに復帰する元世界選手権女王の安藤美姫(25)を視察するため、出場予定の全日本選手権予選の地区ブロック大会に強化部メンバーを派遣することを明らかにしました。

 安藤美姫は2002年のジュニアグランプリファイナルにおいて、ISU公式大会で女子選手として史上初の4回転ジャンプを成功させた選手として知られています。全日本選手権では2連覇を含む3回の優勝を果たし、世界選手権でも2度優勝するなど、日本女子フィギュアのトップ選手として活躍していました。しかし2011年4月、2006年からコーチを受けていたニコライ・モロゾフとの師弟関係を解消、その後競技生活を休養、自ら強化指定を辞退していました。

 伊東委員長は「強化部がブロック大会を見に行く。良ければ強化指定をして(国際競技会で技術点の)ミニマムを取りに行く。オリンピックへの道はある」と話しました。安藤は今後オリンピック代表を選考する全日本選手権へ出場するため、予選突破を目指すことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です