Twitpic、やっぱりサービス終了

 Tiwtter向け写真共有サービスのTwitpicは10月16日(現地時間)、10月25日にサービスを終了すると発表しました。

 同社は9月4日、Twitterとの商標に関する問題が解決できないため、9月25日までにサービスを終了すると発表。しかし9月18日には一転、買収される事で問題が解決、サービスが継続出来ると発表していました。同社のノア・エベレットCEOは更新した公式ブログで、「Twitpicの新しいホームがついに見つかったと思ったのだが、最終的な契約項目で合意できなかった。いつもなら不確実なことを発表したりしないのだが、Twitpicが生き延びられそうなことを少しでも早くユーザーに知らせたかったので、先走ってしまった」とコメントしています。

 TwitpicはTwitter上に画像や動画を投稿することのできるウェブサービス(画像共有サービス)で、アメリカ合衆国オクラホマ州クレアモアにあるTwitpic社が提供しています。しかし、Twitpicのアメリカ特許商標庁(USPTO)への商標登録出願を取り消さなければAPIへの接続を失うことになる可能性がある旨Twitter社から通告を受け、閉鎖を決定した物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です