ワイドナショーが謝罪

 フジテレビが、5月28日に放送した「ワイドナショー」で、スタジオジブリの宮崎駿監督が過去に発言した内容について、事実で無かったとして番組公式サイトで謝罪しました。

 同番組では宮崎監督がこれまでに7回引退宣言を行ったとして、フリップで紹介しました。その内容が

 「人生で最高に引退したい気分」
 「アニメはもうおしまい」
 「100年に1度の決意。これを最後に引退」
 「引退してシニアジブリを立ち上げる」
 「ここ数年で最高の辞めどき」
 「体力的にも本作が最後の長編になる」
 「出来は上々で申し分の無い引退のチャンス」

 と言うもので、これが実は2013年にツイッター上に投稿されたネタだったことが判ったというものです。

 ネット上のネタをそのまま流してしまったようです、内容の確認もせずに。それにしても、2013年とは、随分古いネタを拾ってきたものです。一体どうしてこんな古いネタを使ってしまったのか?。

 フジは最近視聴率の低迷から抜け出せず、社長が引責辞任したばかりだと言うのに、早速お粗末な不祥事を起こしてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です